読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のブログ。

このブログを書いているのは誰かな? せーの、私だー!

劇場アニメ『聲の形』視聴しての思ったこと箇条書き

・波紋。

・花火。コーヒー。花火の振動なら聴こえなくても伝わるが、意味は乗っかってない。ディスコミュニケーションの象徴か。

・モブが身振り手振りで「おい、見ろよ。飛行船だぞ」と伝えているのに気付かない石田くん。

・ラストに英語タイトルがどーん。はたまこラブストーリーでもやってたね。

・展開の濃密さがBGMでうまいこと調子をとっていなされていた。

・水に落ちるのは生まれ変わりの象徴ってたまこラブストーリーの時にも言われてたね。

・波紋は水と音の合わさりを意味しているか

・バツが京アニっぽいデザイン

・傘で顔が見えない、光で顔が見えない、姉の顔が見えない。

・最後の文化祭で色とりどりの紙が舞ってるファンファーレっぽい雰囲気はたまこまーけっとからの伝統芸

・自分を嫌っている人間に、傘を差してやる。2回出てきた表現。映画のテーマの根底に通じている。

・親同士の関係の描き方にフェチを感じる。

・「怖いかどうかは、乗ってから決めることにしたの」って留学に臨む史織さんっぽさある。

・ポニーテールによってさらけ出された耳。守りを捨て、防御に出た感じ。

 

とりあえず一回目の視聴で気づいたのはこんなもん。