読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のブログ。

このブログを書いているのは誰かな? せーの、私だー!

流れ星の話

 私がこの前卒業した大学は、大学以外には何もなかった。

 大学生の生活はおよそ大学と大学の周辺の環境によって決定されるが、あの大学には周辺の環境というものが「何もない」の一言で言い表せたのである。足を延ばしても遊び場はない。海も見えない。夜道には街灯もない。

 こんな環境で送る大学生活は、寂しさと寂しさを忘れるための集いでつくられた。夜ごとに開かれる目的のない集会。酒を酌み交わして全部忘れた。だけどふと我に返ると、なんだかとっても虚しかった。

 そういう日々を続けていた大学生の私は、ある夜の空に星がすっと流れるのを見た。流れ星を見るのは初めてだった。私は流れ星が消えてしまった後も、ぼうっと夜空を見上げていた。しばらくして我に返る。

「そうか。ここには何もないが、星空だけはあったんだ!」

 インターネットで調べたら、年に数回流星群という現象が見られるらしい。あの流れ星がじゃんじゃか流れるらしい。興奮した私は時期を待って、夜の街に出た。期待通りに流れ星は流れた。

 なんということだ!

 私は大学生になるまで一度だって流れ星を見たことがなかった。なのに私は一晩のうちにいくつもの流れ星を体験している!

 

 大学生活を送る上で、流れ星は30個は見れたと思う。もう、一生分見たなと思った。一生分の流れ星を見た大学生活だ。笑ってしまう。流れ星を見て得られたことなんて「願い事をしても叶わない」ということだけだった。

「流れ星が叶えてくれないなら自分で叶えるしかないな。ああ、まったく仕方ない」

 本当に仕方なかったんだ。私は大学を卒業したよ。